NOSE CLINIC TOKYO
Yasuguchi Daiei Building,1-3-1, Kyobashi, Cyuo-ku,Tokyo, Japan
First visit, Tel:0570-054187 (8:30~17:00)
Revisit & others, Tel:03-5205-2220 (8:30~17:00)

全身麻酔

当院では、「日帰り全身麻酔手術」を行っています

当院で手術を受けられる患者さんの中には、長い間、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の症状に苦しんでいらっしゃった方が少なくありません。手術治療を避けてきた主な理由は、「手術の痛みに対する恐怖」や「日常生活に支障をきたす長期入院」への抵抗です。
当院では、「日帰り全身麻酔手術」を行っています。これは、従来の手術治療の障壁を取り払い、「痛みのない手術」「入院を伴わない手術」を実現させた治療システムです。
このような治療システムを可能にしているのは、①高い技術力に裏付けされた短時間手術と、②豊富な知識と経験をもつ麻酔医です。これら二つの要素を組み合わせ、「全身麻酔手術終了後、わずか 10 分程度で覚醒する」という画期的な麻酔法を実現しています。

当院の全身麻酔の特徴
全身麻酔は、意識と痛みを取り除いて手術時の苦痛をなくします。また、手術中の身体の反射的な動作を抑制できるため、安全かつ円滑に手術が行えます。
当院の全身麻酔は、麻酔薬の使用量も最小限に抑えているのが特徴です。
通常の全身麻酔は、長時間の手術を前提に、呼吸の通路を確保するために気管にチューブを挿入します。気管粘膜は刺激に対して過敏に反応するので、この反応を抑えるため、筋肉を動かないようにする薬(筋弛緩薬)や麻酔を深くするために十分な麻酔薬を使用します。
これに対して、当院ではほとんどの場合、のどに挿入するマスク(ラリンジアルマスク)を使って全身麻酔を行います。気管粘膜に刺激を与えることがないので、原則的には筋弛緩薬が不要で、麻酔薬の使用量も最小限に抑えることができます。
手術時の全身麻酔の流れ
全身麻酔は、以下の手順で行います。
1.絶飲絶食
全身麻酔では、「誤嚥」「誤嚥性肺炎」「嘔吐」が起こる可能性があります。この頻度を下げるため、手術前に胃の中を空にしておく必要があります。絶飲絶食のスケジュールについては、医師の指示に従ってください。
2.手術室入室・モニター機器装着
手術室に入り、血圧、心電図、身体の酸素濃度を監視する機器を取り付けます。また薬剤の投与および水分確保のため、点滴します。
3.麻酔導入・挿管
酸素マスクから酸素を吸入します。点滴から麻酔薬が投与され始めると、だんだんと意識がなくなっていきます。その後、口から喉へマスク(ラリンジアルマスク)を挿入し、手術中の呼吸を人工呼吸により調節します。
4.手術開始
麻酔が安定すると手術が始まります。
5.手術終了・麻酔覚醒
手術が終わると、麻酔を覚まします。手術終了後から覚醒までの間は麻酔が浅くなり、手術室内の音やスタッフの声が聞こえることがあります。
6.抜管
意識がはっきりとし、呼吸が安定したことを確認したのちに、ラリンジアルマスクを抜きます。
7.帰室
抜管後、状態が安定していることを確認し、ベッドに寝たまま病室に戻ります。