NOSE CLINIC TOKYO
Yasuguchi Daiei Building,1-3-1, Kyobashi, Cyuo-ku,Tokyo, Japan
First visit, Tel:0570-054187 (8:30~17:00)
Revisit & others, Tel:03-5205-2220 (8:30~17:00)

当院独自の手術

後鼻神経切断術

学会雑誌
2018年に出版された米国の医学書に、黄川田医師が開発した手術として紹介されています。
鼻閉に対する理想的な手術は、鼻の正常な構造を破壊せず、その機能を保ったまま、腫脹した粘膜を改善させる方法です。そのひとつとして、腫脹した粘膜に分布している副交感神経を切断する手術があります。50 年ほど前に確立した方法で、治療効果が高いことから一時は世界中で行われました。
しかし当時の手術は、鼻の外から神経にアプローチする大掛かりな手術であった上に、涙の分泌障害をきたすという副作用があり、次第に衰退していきました。
この手術を、治療効果を維持したまま、涙の分泌障害を引き起こすことなく、鼻内から行える手術として現代によみがえらせたものが、1997 年に黄川田医師が開発・報告した「内視鏡下後鼻神経切断術」です。これは、内視鏡を用いて鼻腔から0.5mm ほどの太さの副交感神経を露出させ、明視下に切断するという世界で初めて報告された画期的な方法です。
この報告後、後鼻神経切断術は日本においてもアレルギー性鼻炎に対する新しい手術治療として次第に定着してきました。しかし、副交感神経のみを切断するという方法には高度な手技が要求されるため、一般には、神経に伴走する太い動脈(蝶口蓋動脈)と一緒に切断する方法が普及しているようです。 私たちは、蝶口蓋動脈が鼻の加温機能において主要な役割を果たしていることから切断せずに温存することが重要であると考え、アレルギー性鼻炎の治療に必要な神経のみをターゲットとした手術を実施しています。
慢性鼻炎に対する手術の役割
保存的治療では改善困難な鼻閉に対しては手術が有効であり、中でも後鼻神経切断術は、優れた効果を長期間得ることが期待できる治療法です。
しかし、慢性鼻炎は本来1 回の手術では完治できない難治性の疾患です。手術を行っても、次第に症状が再発することも、また特にアレルギーがある場合には、その原因物質となる抗原(花粉、ダニなど)が鼻に侵入するたびに症状を反復することもあります。しかし手術を受けることによって、症状が再発した場合でも、点鼻薬あるいは内服薬を短期間使用するだけで症状を消失させることが可能になります。アレルギー性鼻炎の手術の意義は、まず「正常な鼻からの呼吸を取り戻すこと」、そして再発した場合でも、「保存的な治療を組み合わせることで正常に近い状態を維持すること」にあります。

副鼻腔手術

詳細な解剖学的理解に基づいた新しい概念の副鼻腔手術手技書として、2002年に出版されました(黄川田徹著―金原出版)

鼻蓄膿症(慢性副鼻腔炎)

内視鏡副鼻腔手術の長所と問題点
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)とは
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)とは、顔や頭の骨の中に形成された副鼻腔と呼ばれる空洞に生じる炎症です。副鼻腔は、副鼻腔換気排泄路と呼ばれる狭い交通路を介して鼻腔と連結しており、正常な副鼻腔は空気で充たされています。しかし換気排泄路がうまく機能せず副鼻腔に空気が入りにくくなると、副鼻腔内に炎症をきたします。この状態が慢性化したものを蓄膿症と呼びます。
内視鏡副鼻腔手術の長所と問題点
内視鏡副鼻腔手術は鼻の内側から行うため、それ以前の鼻の外側から行う手術のように、口腔粘膜あるいは前額部皮膚を切開する必要はありません。また副鼻腔粘膜の大部分が保存され、低侵襲で後遺症も少ないことから、世界中で広く行われるようになりました。しかし、この手術の普及に伴い、眼や脳の副損傷という新たな合併症が現れ、最近の米国やわが国の報告でも、耳鼻咽喉科における医療事故の中で副鼻腔手術の合併症がトップに上がるほどに増加しました。
副鼻腔手術の合併症の大部分は、両目の間にある蜂の巣状の小さな空洞(篩骨洞)で起こっています。一般に普及している内視鏡手術は、篩骨洞を分けている骨の壁を前方から順に穿破しつつ、篩骨洞内の蜂巣を開放していく方法を基本としています。この術式では、視野の前に現れた壁を穿破していくため、「篩骨洞内部を分けている壁」か「目や脳を分けている壁」かの判断を誤ると、目や脳の組織に操作を加えてしまうという危険性をはらんでいます。 
私たちは、現在基本とされている「篩骨洞を分けている壁を穿破して篩骨洞内の蜂巣を開放する」というアプローチが、内視鏡手術における合併症のリスクを高めている最大の理由だと考えています。
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の手術
複雑な解剖の理解と精緻な手術手技が要求される手術ですが、「鼻のクリニック東京」で開発した内視鏡用吸引洗浄装置を使用しているため、血液に満たされた中でも、対象を大きく拡大した画像を見ながら、術野を高圧洗浄水で洗い流しつつ継続的に手術を行うことが可能です。このため、誤った対象に操作を加えたり、操作部位を見失ったりする危険性が少なく、より安全に手術を行うことができます。また、内視鏡先端が汚れるたびに、術野から内視鏡を取り出して清拭するという作業を頻繁に行う必要もなく、手術時間を大幅に短縮することができます。当院では、重症例の難しい手術でも、一側20分程度で完了させるといった「短時間手術」を実現しています。
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の手術の限界と目的
これまで副鼻腔疾患は、副鼻腔換気排泄路を拡大する手術により完治する症例が大多数でした。しかし近年、手術を行っても完治しない蓄膿症が急増しています。
難治性の症例は、たとえ手術を行っても副鼻腔粘膜が正常化することはありません。難治性かどうかは手術を行ってみないとわかりませんが、例え難治性の蓄膿症であっても、副鼻腔換気排泄路を拡大し、副鼻腔が正常化しやすい環境を整えることは大切です。症状が再発した場合でも、薬剤などを短期間使用することで比較的容易に安定した状態に戻せるようにすることが、副鼻腔手術の意義といえます。

内視鏡吸引洗浄装置

内視鏡用吸引洗浄装置
鼻のクリニック東京」の鼻の手術には、「内視鏡用吸引洗浄装置」が使用されています。これは1996 年、内視鏡先端の血液などによる汚れを取り除くことを目的に、当院理事長の黄川田医師が高研(株)と共同で開発したものです。

内視鏡用吸引洗浄装置
鼻腔には血管が豊富に分布しており、鼻腔内の手術には出血が伴います。このため一般の内視鏡手術では、手術を中断して頻繁に内視鏡表面の清掃を行わなければなりません。出血が多い場合には、手術を進めることさえ困難となります。内視鏡用吸引洗浄装置には、内視鏡先端を常時自動洗浄する機能があり、出血の多い術野の中でも内視鏡を鼻腔内に留めたまま無駄のない継続的な手術を行うことができます。

内視鏡用吸引洗浄装置から射出される多量の加圧洗浄水
また、内視鏡用吸引洗浄装置から射出される多量の加圧洗浄水により、内視鏡先端を洗浄するだけでなく手術部位の血液も除去できます。血液で手術部位が覆い隠されるような状態であっても、対象を見失うことなく手術を進めることができます。

ミクロンレベルの「微細な手術」が可能
明瞭な視界を確保し、手術部位への的確なアプローチを可能にします。内視鏡先端を対象に極限まで近接させ、0.5mm 程度の神経や血管をモニター画面一杯に拡大して映し出すことができるので、顕微鏡を使ったときのようなミクロンレベルの「微細な手術」が可能になるのです。

黄川田式鉗子

黄川田式鼻内副鼻腔手術器械
当院は浜松サージセンターの開設以来、短期入院手術に適した独自の術式の開発、手術機器の開発を通し、安全性を保持したまま入院期間を短縮させる工夫を重ねてきました。
特に本邦における内視鏡手術の黎明期において、黄川田式鉗子の開発は副鼻腔手術の安全性を高め、より精緻で微細な手術を可能にしました。