慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 日帰り手術治療 耳鼻咽喉科 鼻のクリニック東京[東京サージクリニック](中央区)

受診される患者さんへのお願い プライバシーポリシー

お子さま(子ども)の鼻について

HOME  > お子さま(子ども)の鼻について
お子さまの鼻づまりサインに気づいてあげてください!
お子さまにこんな症状はありませんか?
子供がいつも口をポカンと開けている。
眠っている時も口を開けて呼吸している。
いびきがある。
呼吸が止まる。
小学校に行く年齢でもおねしょをすることがある。
朝起きた時にボーっとして覇気がない。
読書など集中することが苦手。
授業中落ち着きがない。
飽きっぽい。
キレやすい。
かけっこをすると息切れしやすい。
食事は早食いで、噛まずに飲み込むようにしている。
においがわからない。
子供の写真
このような症状の下地には鼻づまり」が潜んでいることがあります。鼻は呼吸をする時の空気の通り道として大切な働きをしています。鼻づまりによる口呼吸や、いびきなど外から見て分かるもの以外にも鼻づまりが原因で睡眠障害を起こし、脳が十分休めない状態となり、心や体の発育障害やイキイキとした毎日を過ごすことを知らない生活を招いてしまうことになりかねません。お子さまのサインを周囲の大人が気づいてあげることが鼻づまり治療の第一歩となります。
手術後の変化について
当クリニックでは、小児期の子供の鼻の症状が引き起こすさまざまな弊害に着目し、薬剤の効果的使用や鼻洗浄などの保存的治療から手術治療まで一貫した治療体制で取り組んでいます。
鼻の症状が改善された患者さんの手術後の「変化」は、次の5つに分類することができます。
  • 身体の発育向上
  • 集中力・脳活動の活性化
  • 運動能力の向上
  • 精神的安定度の向上
  • 嗅覚の改善
世の中からお子さまの鼻づまりをなくすことが私達の願いです。是非、ご相談ください。
小児(子ども)の「鼻づまり」専門サイト 「KIDS NOSE」
小児(子ども)の「鼻づまり」専門サイト 「KIDS NOSE」
鼻づまりに関する詳しい情報と最新の治療法をお知らせしています。

+ 小児初診診察の流れ

1 予約 お電話で承ります。
2 受付 保険証、医療証(都内にお住まいの患者さん)、紹介状*、血液検査結果*、 お薬手帳*などを受付担当者にお渡しください。(*は、お持ちの方のみで結構です。) 
3 問診票の記入 お子さまの現在の症状、既往症、服用しているお薬などを記入していただきます。
4 診察 医師による問診とお鼻の中の写真を診察用ベッドに横になり内視鏡で撮影します(痛みは伴いませんのでご安心ください)。
5 検査 CT検査や必要に応じその他の検査を実施し、結果が出来上がるまで待合室でお待ちいただきます。
※CT検査室には原則お子様ひとりで入室していただきます。頭をバンドで固定したうえで、約3分動かずにお座りいただく必要があります。
6 診察 撮影した内視鏡写真やCT画像をご覧いただきながら、現在の症状の原因について詳しくご説明いたします。
7 ご予約・会計 次回診察日のご予約とお会計
【ご遠方からお越しになる患者さんへ 】
ご来院回数を最小限にするための体制を整えております。ご相談ください。
【施設のご紹介】
ベビーカーやお荷物を受付でお預かり致します。遠慮なくお申し付けください。

+ 手術について

成人だけでなく、幼小児にも可能な手術を実現しています。4歳程度から手術を行っており、これまでに15歳以下のお子さまの全身麻酔による手術件数は約412件に登ります。(平成26年2月28日 現在)
①鼻の粘膜の腫れの改善
②過剰な鼻汁産生の改善
③鼻中隔や鼻甲介の形態異常の矯正
④慢性副鼻腔炎がある場合は、副鼻腔の換気の改善
ここでご紹介している手術のほとんどは日帰り手術として幼小児の患者さんにも安全に実施できるよう黄川田が開発、あるいは改良を加えたものです。短時間で完了するため、出血が少なく体への負担の少ない手術が可能になりました。

+ 全身麻酔について

全身麻酔と聞くと怖いイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、小児に対する全身麻酔の安全性は「麻酔」の長い歴史の中で確立されています。
現在の麻酔は短時間で作用するように研究が重ねられており、副作用は最小限に留めることができます。
また、麻酔中の呼吸の管理も体への負担の低い器具の開発により、合併症の少ない麻酔を提供することが可能になりました。全身麻酔の安全性が確立されたことで、当院では手術の必要性があるのであれば、痛みや出血による恐怖感を抱きやすい局所麻酔よりも、全身麻酔を選択するほうが痛みを感じることがなく出血の少ない短時間手術が可能となり、むしろ安全であると考えています。
当院の全身麻酔を担当する麻酔科医は数多くの麻酔を経験してきた麻酔科専門医であり、現在も最前線で全身麻酔による最善の麻酔管理を行っています。

+ 手術後のアフターケア

①定期診察のご案内、当院発行の情報誌「はなのたより」を郵送しています。
②定期的な診察でお子さまのお鼻の症状をサポート致します。

また、小児(子ども)の「鼻づまり」専門サイト 「KIDS NOSE」内の「キッズクラブ」にご登録いただいた患者さんは、電話やメールによるご相談を受付けており、随時担当医とご相談いただけます。
※「キッズクラブ」へのご登録は当院で全身麻酔による鼻の手術を受けられた15歳までのお子さまを対象としています。
お子さまの鼻に関するご質問もあわせてご覧ください
お子さまの鼻のよくある質問
WEB:ご予約はこちらから
初診:0570-054187
再診・その他:03-5205-2220
電話番号をご確認のうえ、 お掛け間違いのないようお願い申し上げます。
電話受付時間:8:30~17:00
休診日:日・月曜日/祝日
※当院は予約制です。かならずご予約をお取り下さい。
〒104-0031
東京都中央区京橋1-3-1
八重洲口大栄ビル
> 詳しいアクセス情報
予約システムについて
※当院の予約システムは、「14:00~14:30の枠に4名」というように、30分単位で予約枠を設定しています。診察の順番は、同じ枠内で受付された順にご案内しています。待ち時間に余裕を持ってお越しください。
※予約変更できない場合や、ご希望の日時に予約できない場合もございます。ご了承ください。
お子さまの鼻の症状(鼻づまり/鼻のトラブル)はこちらへ
お子さま(子ども)の鼻について
鼻の専門医が語る「鼻治療の今」をご覧ください!
鼻のコラム