慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 日帰り手術治療 耳鼻咽喉科 鼻のクリニック東京[東京サージクリニック](中央区)

受診される患者さんへのお願い プライバシーポリシー

鼻のクリニックご紹介

HOME  > 鼻のクリニックご紹介  > 理事長のあいさつ
理事長のあいさつ
季節性の鼻炎(花粉症)、通年性の鼻炎(アレルギー性鼻炎、非アレルギー性鼻炎)、また慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)といった鼻の病気がもたらす症状のうち、人々が負担に感じている最たるものは、「鼻づまり(鼻閉)」です。
そして近年、鼻づまりが睡眠を妨げ、日中の眠気、倦怠感、仕事の効率の低下など、QOL(生活の質)を低下させているという危惧すべき状況が拡大し、これは近年社会的な問題として指摘されています。とくに、幼小児期の鼻づまりによる睡眠障害は、集中力や注意力の低下、学習障害、キレやすいなど攻撃的な性格、多動、小さな顎の形成など、脳や身体におけるさまざまな発育障害をきたすことも明らかにされつつあります。さらに、睡眠中の鼻づまりは口呼吸をもたらし、口呼吸はのどの筋肉の弛緩(ゆるみ)による咽頭の狭窄をもたらし、結果としていびきや呼吸障害の原因となることも明らかにされてきました。
このように、鼻づまりをもたらす最大の原因であるアレルギー性鼻炎の有病率が人口の25~30%、小児においては40%に達するとされる今日において、睡眠中の鼻づまりの解消が、医療の最重要課題として浮上してきたと言えます。
鼻づまりは、薬をはじめとする保存的治療では効果が少なく、このため多くの場合手術が必要になります。しかしながら、これまでの様々な治療を通して明らかにされてきたように、鼻づまりの主因である慢性鼻炎、そして慢性鼻炎に合併する慢性副鼻腔炎は、どのように大がかりな手術を行っても1回の手術ですべてを完治できる病気ではありません。
このような難治性の病気に対する手術の役割は、まず手術によって正常に近い鼻からの呼吸を取り戻すこと、そして症状が再発した場合でも、これまで効果のなかった薬などを短期間使用するだけで症状を容易にコントロールできるような状況をつくり出すことにあると言えます。したがって、手術は、効果がすぐれていることに加え、幼小児にも適応できるよう、後遺症をきたすことのない安全な方法でなければなりません。そして、痛みのない、また長期間学校や仕事を中断せずに行える方法であることが理想です。私たちが全身麻酔を用い、日帰り手術として行っている理由は、ここにあります。
私たちはこれまで、安全で体への負担の少ない手術、そして全身麻酔日帰り手術といった治療システムを独自に切り拓いてきました。そして、これまでの治療で改善できなかった重症例また治療の圏外に置かれていた幼小児を含むだれもが、鼻づまりを解消し良質な生活が得られるよう、さらに前進してまいりたいと考えています。
学会発表

書籍のご紹介

こんなに怖い鼻づまり—睡眠障害 いびきの原因は鼻にあり
定価800円+消費税 ちくま新書 2013年3月5日発売
Amazonへ
鼻内副鼻腔手術 -三次元解剖と手術の実際-
金原出版
Amazonへ
副鼻腔の3D Visutalzation 解剖と手術
金原出版
Amazonへ
排泄路からのアプローチを基本とした新しい篩骨洞手術
メディカルリサーチセンター社
「はなのたより」に連載中!"鼻のコラム"を読む
WEB:ご予約はこちらから
初診:0570-054187
再診・その他:03-5205-2220
電話受付時間:8:30~17:00
休診日:日・月曜日/祝日
※当院は予約制です。かならずご予約をお取り下さい。
〒104-0031
東京都中央区京橋1-3-1
八重洲口大栄ビル
> 詳しいアクセス情報
予約システムについて
※当院の予約システムは、「14:00~14:30の枠に4名」というように、30分単位で予約枠を設定しています。診察の順番は、同じ枠内で受付された順にご案内しています。待ち時間に余裕を持ってお越しください。
※予約変更できない場合や、ご希望の日時に予約できない場合もございます。ご了承ください。
お子さまの鼻の症状(鼻づまり/鼻のトラブル)はこちらへ
お子さま(子ども)の鼻について
鼻の専門医が語る「鼻治療の今」をご覧ください!
鼻のコラム