慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 日帰り手術治療 耳鼻咽喉科 鼻のクリニック東京[東京サージクリニック](中央区)

受診される患者さんへのお願い プライバシーポリシー

よくあるご質問

HOME  > よくあるご質問  > こどもの鼻についてのご質問

お子さまの鼻についてのご質問

Qいつも口をあけていますが、鼻の病気と関係がありますか?
A口をあけているということは、鼻が詰まっているから口呼吸しているということです。
鼻づまりはお子さま自身の訴えが少なく、自覚していないことが多いので、発見が遅くなりがちです。睡眠が浅くなることで寝起きがわるかったり、日中もボーッとしていたりすることはありませんか?結果、集中力に欠けて勉学にさしさわりが出ることも・・・普段から少し注意してお子さまの様子を観察してみてください。
Q鼻水がよく出ていつも鼻をすすっています。
A鼻の粘膜過敏症かもしれません。春だけの場合は花粉症が一般的ですが、1年中鼻をすすっている場合は、慢性の粘膜過敏症の可能性があります。症状には個人差があり、内服や鼻の洗浄、点鼻薬の併用治療でも改善しない場合は、手術による治療が効果的です。
Q市区町村の発行している医療証は利用できますか?
A当クリニックでは保険診療を行っております。東京都内にお住まいの患者さんは、保険証と併せて医療証もご提示ください。東京都外にお住まいの患者さんはいったん治療費や手術代を自己負担分お支払いいただきますが、お住まいの市区町村へ払い戻しの申請を行うことにより、医療費助成を受けることができます。
Q手術後は学校に行くことはできますか?
Aはい、翌日から通学していただけますが手術の内容によってはお休みが必要になることもございます。 また、身体を動かす学校行事、授業、プール、遠足、運動会、習い事などについては、術後控えていただく必要性の高い内容もありますので医師とご相談ください。
Q手術前後、予防接種は受けられますか?
Aインフルエンザの予防接種は、手術前後2週間お控えください。
その他の予防接種につきましては、診察室またはお電話でお問い合わせください。
Q子供は何歳から手術ができますか?
A基本的には、術後の処置が可能な6歳程度から手術を行います。
また6歳以下のお子さまでも、睡眠中の無呼吸などの呼吸障害のある場合は "脳や身体の発育障害"といったお子さまの発育に大きな弊害をもたらすことから、手術を行います。
お子さまの鼻についてはこちらもご覧ください
お子さまの鼻について
WEB:ご予約はこちらから
初診:0570-054187
再診・その他:03-5205-2220
電話受付時間:8:30~17:00
休診日:日・月曜日/祝日
※当院は予約制です。かならずご予約をお取り下さい。
〒104-0031
東京都中央区京橋1-3-1
八重洲口大栄ビル
> 詳しいアクセス情報
予約システムについて
※当院の予約システムは、「14:00~14:30の枠に4名」というように、30分単位で予約枠を設定しています。診察の順番は、同じ枠内で受付された順にご案内しています。待ち時間に余裕を持ってお越しください。
※予約変更できない場合や、ご希望の日時に予約できない場合もございます。ご了承ください。
お子さまの鼻の症状(鼻づまり/鼻のトラブル)はこちらへ
お子さま(子ども)の鼻について
鼻の専門医が語る「鼻治療の今」をご覧ください!
鼻のコラム