慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 日帰り手術治療 耳鼻咽喉科 鼻のクリニック東京[東京サージクリニック](中央区)

受診される患者さんへのお願い プライバシーポリシー

日帰り手術

HOME  > 日帰り手術
20数年前に開発された内視鏡は、明るい照明のもとで体内の細部奥深くまで拡大観察することを可能にし、様々な分野の手術治療に革新的進歩をもたらしました。
当院ではこの画期的な内視鏡をいち早く鼻の手術治療に取り入れ、周辺機器の開発や新しい術式の開発に取り組んできました。この間に、副鼻腔手術20,000件、後鼻神経切断術10,000件、鼻中隔手術12,000件に及ぶ手術を実施してきました。

短時間手術の持つ価値を最大限に生かすための麻酔法もまた、当院の手術を支える麻酔専門医チームのもとで大きく進化してきました。従来の麻酔法ではイメージすることさえできなかった"手術終了からわずか数分で会話開始"といった覚醒の早い"短時間"全身麻酔が可能になっています。このような背景により、従来1~2週間の入院を必要とされた鼻の手術の多くを、当院の医療チームは全身麻酔を用いた日帰り手術として実現させています。昨今ではこれまでの集大成として、小児の鼻炎・副鼻腔炎がいかに成長期に弊害をもたらすかを訴え、小児の手術治療に対して更に深く研究を進めています。小児には手術をしないという通常概念を破り、実際の症例に基づいた実績を今なお作り続けています。

+ 理想的な鼻の手術とは?

1. 痛みや恐怖を感じることなく手術が完了
2. 術後はごく短時間のうちに会話や日常の動作が可能
3. 早期に仕事や学校に復帰

これらすべての条件を満たす鍵が、鼻のクリニック東京が提案する、"安全な"全身麻酔日帰り手術なのです。

慢性鼻炎の手術
慢性副鼻腔炎の手術
手術の種類と費用

+ 短時間手術ができるのは、「高度な技術」そして「最適な手術環境」

従来の鼻の手術―たとえば副鼻腔手術―は、局所麻酔を用い、片側2時間程度の手術時間、手術後1〜2週間の入院を必要としています。
鼻のクリニック東京では、内視鏡手術の開発後間もない20年ほど前から「全麻日帰り手術」への取り組みを開始しました。その間、1万6千件を越える全身麻酔手術を通して、手術技術の向上、手術時間の短縮、そしてより安全な手術への工夫を重ね、現在では、一側の副鼻腔手術を20分程度、また鼻中隔手術を5分程度で完了させるといった「短時間手術」を実現させています。
なぜ、鼻のクリニック東京では、このような「短時間手術」が可能なのでしょうか?"高度な技術"、これは鼻のクリニック東京における治療の根幹をなす最も重要な要素です。しかしこれだけでは、「短時間手術」を実現することは困難です。
もう1つの重要な要素、それは内視鏡下の鼻科手術に最適な手術環境を作り出していることです。
WEB:ご予約はこちらから
初診:0570-054187
再診・その他:03-5205-2220
電話受付時間:8:30~17:00
休診日:日・月曜日/祝日
※当院は予約制です。かならずご予約をお取り下さい。
〒104-0031
東京都中央区京橋1-3-1
八重洲口大栄ビル
> 詳しいアクセス情報
予約システムについて
※当院の予約システムは、「14:00~14:30の枠に4名」というように、30分単位で予約枠を設定しています。診察の順番は、同じ枠内で受付された順にご案内しています。待ち時間に余裕を持ってお越しください。
※予約変更できない場合や、ご希望の日時に予約できない場合もございます。ご了承ください。
お子さまの鼻の症状(鼻づまり/鼻のトラブル)はこちらへ
お子さま(子ども)の鼻について
鼻の専門医が語る「鼻治療の今」をご覧ください!
鼻のコラム